恒例のイチゴ狩り

 残春の陽気を楽しみながら、夏へと移行し始めている528日に経ヶ丸いちご農園にてイチゴ狩りを行いました。当日は雨模様であいにくの天気でしたが、曇りを吹き飛ばすかのように、参加者の熱気で一杯でした。ビニールハウスに入った瞬間に、いちごの甘い香りがハウス中に広がっており、皆が一目散にその香りにつられ、いちごをほおばっておりました。中には100個越えを目指している人もいましたが、案外いちごはお腹が一杯になるもので、全員が目標に行くまでには挫折しておりました。引野に戻ってはこれまた恒例のカレーが用意されており、甘いいちごとのコントラストは何とも言えないバランスです。いちごを漢字で書くと『苺』。まさに母なる大地に感謝せざるをえませんね。